ホームページ運用を徹底解説!作業内容とよくある失敗

公開日:2023/11/24 
最終更新日:2023/11/24

こんにちは。

工務店、リフォーム会社のホームページ集客支援のゴッタライドです。

ホームページ運用は、建築会社がインターネットやウェブ上での存在感を高める上で重要な役割を果たしていますが、ただホームページを作成するだけでは集客には結びつきません。継続的なホームページ運用が成功の鍵となります。

 

しかし、ホームページ運用の方法や作業内容には注意が必要であり、失敗すればせっかく作ったホームページの効果を十分に発揮できない可能性もあります。本記事では、建築会社のホームページ運用のポイントやよくある失敗例について解説します。具体的な作業内容や成功に向けたコツをご紹介しながら、効果的な運用を行うためのスキルを身につけることができるでしょう。ホームページ運用に関心のある方はぜひお読みください。

工務店に特化したウェブ集客支援サービス 反響獲得までサポート 工務店さま専用ページはこちら

工務店に特化したウェブ集客支援サービスのページはこちら

 

ホームページ運用とは?

ホームページ運用とは、作成したホームページを効果的に管理・運営することです。ホームページを作成した後も、作りっぱなしではなく、定期的な更新や運用業務が必要です。

具体的には、施工事例やブログ、お客様の声などのコンテンツを更新したり、時代やお客様の層に合わせて、見やすくて分かりやすいデザインや構成に修正することです。

運用が必要な理由

ホームページでは、建築会社の企業や組織が効果的に集客や情報発信を行うために運用が必要です。ホームページは作成しただけでは集客や目的達成にはつながりません。運営や管理を行うことで、効果的な集客や目的達成に向けた取り組みが可能となります。

リフォーム会社に特化したウェブ集客支援サービス 反響獲得までサポート リフォーム会社さま専用ページはこちら

リフォーム会社に特化したウェブ集客支援サービスのページはこちら

 

ホームページ運用作業内容

適切なホームページ運用を行うためには、具体的な作業内容を理解することが不可欠です。ホームページの運用業務には、大きく分けると2つあります。フロントエンドとバックエンドの2つです。以下に、ホームページ運用における主な作業内容を解説します。

フロントエンドの作業

フロントエンドの運用では、ユーザーが直接目にする部分の管理のことです。具体的には、ホームページのSEO対策や広告運用、地域での検索流入を狙うMEO対策、SNSとの連携などがあります。これらの作業によって、ホームページの可視性や集客力を高めることができます。

 

また、問い合わせ対応も重要なフロントエンドの運用業務です。ホームページを訪れたユーザーからの問い合わせに丁寧かつ迅速に対応することで、信頼感を醸成し、顧客獲得につなげることができます。

コンテンツ更新

ホームページのコンテンツ更新業務は重要な運用の一つです。良質で最新の情報を提供することで、ユーザーの興味を惹きつけることができます。定期的な更新により、検索エンジンの検索結果により頻繁に表示されることにも繋がります。新しい情報やニュース、商品情報などを追加し、訪問者に魅力的なコンテンツを提供することが求められます。また、既存のコンテンツの修正や削除も行う必要があります。

 

具体的には、

  • ブログ
  • 施工事例
  • お客様の声
  • イベント情報

のコンテンツ更新が挙げられます。これらのコンテンツを定期的に更新し、ホームページに来たユーザーに常に新しい情報を発信するようにしましょう。特に、イベント情報などを更新する場合、ホテルの客室空き具合のように、「残り○○名」「あと○○日まで」などの情報を加えることで、ユーザーに今すぐ行動させる材料となるので、このような情報を入れるといいでしょう。

お問合せ対応

次に、問い合わせ対応も重要な運用業務の一つです。ユーザーからの問い合わせに迅速かつ丁寧に対応することで、信頼を築くことができます。顧客満足度の向上や新たなビジネスチャンスの創出にも繋がります。

 

具体的には、お問合せや資料請求、来店予約などの反響が来た場合、

  • すぐに電話やメールでお礼を伝える
  • 電話やメールを通して軽くヒアリングをする
  • メールや郵送で会社案内などの資料を送付する

これらの対応をすることによって、他社と比較検討されたときに土俵に上がりやすくなります。ただし、中には電話を嫌う人やすぐに反応があると怖がられる場合もあるので、自社に適したやり方でやることをおすすめします。

バックエンドの作業

一方、バックエンドの運用業務では、ホームページのドメインやサーバーの管理が主な作業となります。ドメインやサーバーの契約更新やトラブル発生時の対応など、技術的な側面の管理に注意が必要です。

情報の管理

建築会社の企業や組織内での情報共有や連携をスムーズに行うためには、的確な情報管理が必要です。適切な運用を行うことで、情報漏洩やミスの防止にも繋がります。

 

建築会社の場合、多くの反響があると、顧客の名簿が整理しきらず、ごちゃごちゃしてしまい、対応漏れや間違いなどが発生する可能性もあります。ユーザーの個人情報をしっかりと整理し、広報や営業、現場監督などそれぞれの部署での情報の漏れや間違いが起きないよう、MAツールを利用したり、DX化するなりしておきましょう。

ドメイン、サーバー契約の管理

ホームページの運用にはドメインやサーバーの契約状況の管理も必要です。定期的な更新や契約の見直しを行うことで、安定した運営やセキュリティの強化が可能です。契約期間や契約内容の把握、更新手続きの確認などを行いましょう。万が一のトラブルにも柔軟に対応することができます。

 

ドメインやサーバーが古い状態でバージョンも更新されていない場合、ウイルスにかかってしまったり、ハッキングされてしまう恐れもあるので、注意しましょう。

トラブル発生時の対応

ホームページ運用中には、予期しないトラブルが発生することもあります。アクセスエラーやサイトの表示問題などに対して素早く対応し、問題を解決することが求められます。定期的なバックアップやセキュリティ対策を忘れずに行いましょう。

 

以上が、ホームページ運用の業務内容の一部です。適切な運用を行うことで、効果的な集客や目的達成に繋がります。しかし、失敗例も存在しますので、適切な知識や経験を持った専門家のサポートを受けることも大切です。ホームページ運用について正しく理解し、効果的に活用していきましょう。

塗装会社に特化したウェブ集客支援サービス 反響獲得までサポート 塗装会社さま専用ページはこちら

塗装会社に特化したウェブ集客支援サービスのページはこちら

 

ホームページ運用のポイント

適切な運用を行わないと、ホームページの効果が低下し、競争優位性を失う可能性があります。ホームページを運用するうえで大事なポイントをいくつかご紹介します。

ホームページに載せる情報は常に新しく!

ホームページに載せる情報は常に新しい情報を載せるように心がけてください。情報が古くなってしまうと、訪問者の関心を失い、競合他社に流れてしまう場合があります。最新の情報やニュースを提供し、訪問者の関心を引き続けることが必要です。

最低でも1週間に1つは更新しよう!

ホームページが更新されていたり、新しいページが追加されているホームページは、Googleの評価が上がり、上位表示に載りやすい傾向にあります。ですが、建築会社の中には、「施工事例がない…」「ブログ書くネタがない…」「忙しくて手が回らない…」などの状況により、ホームページの更新が滞ってしまうことがよくあります。

 

施工事例がないのはあげようがないですが、ネタがない・忙しいは理由になりません。ネタは小さなことでもブログのネタになり得ます。忙しいのは皆同じです。忙しいからと言って更新を怠っていると、競合に負けてしまいます。

 

施工事例、ブログ、お客様の声、イベント情報のどれか1つでも最低1週間に1度は更新するようがんばりましょう。

やりっぱなしはやめよう!

ホームページ運用でありがちなのは、ページの改善や修正をして、効果があったのか検証せずそのままの状態でいることです。これでは、ホームページ運用の意味がありません。

 

アクセス数を上げるため、反響を上げるためなどいろいろな目的をもって、ホームページの修正や改善、運用の施策を行っているかと思います。その施策が目的に対して効果があったのかどうか、悪かったらどこが悪かったのかをしっかりと振り返りを行い、次にまた改善を繰り返すことで、反響やアクセスアップにつながる運用ができるようになります。

 

「何の目的で」「なにをどうしたのか」「結果はどうだったのか」をしっかりと表やデータとしてまとめておき、PDCAを回していくことがとても重要です。

工務店に特化したウェブ集客支援サービス 反響獲得までサポート 工務店さま専用ページはこちら

工務店に特化したウェブ集客支援サービスのページはこちら

 

アクセスを伸ばすためにできること

次に、アクセスアップのためにできるホームページの運用について具体的に解説します。

コンテンツの更新をする

コンテンツの更新はアクセスを伸ばすためにできる、ホームページ運用の1つです。コンテンツが更新されないホームページはアクセスが伸びないと思ってください。ユーザーは新鮮な情報を求めてホームページを訪れます。定期的なコンテンツの更新は、ユーザーの興味を引きつけるだけでなく、検索エンジンの評価にも影響を与えます。事業の最新情報やキャンペーン情報など、ユーザーにとって有益な情報を提供しましょう。

ユーザビリティの向上

ユーザーが快適にホームページを閲覧できるようにするために、ユーザビリティの向上にも力を入れる必要があります。具体的には、ナビゲーションの改善やページの読み込み速度の最適化などを行い、ホームページを見ているユーザーが、「見やすい!」「分かりやすい!」「自然と問い合わせしたくなった!」と思えるようなユーザーエクスペリエンスを向上させる取り組みを行いましょう。

 

お問合せや資料請求のボタンの色を変えたり、文字の大きさを変えるだけでも、ユーザビリティの向上につながります。何回か検証を行い、実施してみましょう。

SEO対策の実施

ホームページの検索エンジン上での表示順位を上げるためには、適切なSEO対策が欠かせません。一番アクセス数を稼ぎやすいのは、ブログです。今はAIツールなどが出て、簡単に長い文章が書けるようになりました。便利なツールをフル活用して、ブログの更新頻度を上げ、アクセス数をバンバン稼ぎましょう。

 

また、適切なキーワードの選定やメタデータの最適化、内部リンクの強化など、検索エンジンからの評価を向上させる取り組みを行いましょう。

SNSとの連携

ホームページとSNSを連携させることで、より多くのユーザーにアクセスを呼び込むことが可能です。ホームページは受け皿的な存在なので、SNSなどの媒体で広めていかないとアクセスが伸びません。SNSはInstagramやYoutube、ピンタレストやFacebookなどたくさんありますが、全部を万遍なくやるのではなく、自社のお客様が一番やっていそうなSNS媒体を1つか2つ選んで行うとより効果的です。

ホームページからの記事共有やSNSアカウントの活用など、オンラインプレゼンスを強化するための取り組みを行いましょう。

MEO対策

MEO対策とは、Googleビジネスプロフィール(旧Googleマイビジネス)で自社の情報を入力し、Googleマップ検索で上位表示させるようにする対策のことです。地域での検索流入を狙ったMEO対策もアクセスアップには有効です。写真や最新情報を更新したり、口コミ件数や評価が多いと上位表示させるようになっています。

 

地域名や地域特化キーワードを活用し、特定の地域のユーザーにリーチすることができます。地域での需要を把握し、MEO対策を行いましょう。

アクセス解析と改善

ホームページは作っただけ、やっただけではアクセスが伸びていきません。Googleアナリティクスなどの分析ツールを使って、ホームページへのアクセス数やユーザーの行動を確認することで、改善点を見つけましょう。アクセス解析ツールを活用し、ユーザーの行動やコンバージョン率を把握し、必要な改善を行うことで、より効果的な施策を見出すことができ、ムダな時間や費用をかけずに施策を行うことができます。

 

リフォーム会社に特化したウェブ集客支援サービス 反響獲得までサポート リフォーム会社さま専用ページはこちら

リフォーム会社に特化したウェブ集客支援サービスのページはこちら

 

反響を伸ばすためにすること

アクセスを伸ばすためのホームページ運用が、反響を伸ばすための施策にもなり得ますが、中でも特に反響を伸ばすために、ホームページ運用でできることを解説します。

コンバージョンポイントをしつこいぐらいに設置する

コンバージョンポイントとは、「資料請求はこちら」「お問い合わせはこちら」などのフォームにつながるボタンやバナーのことです。このブログを見ている方でも、始めの方に、「資料請求はこちら」のバナーが表示されたと思います。大半の方は、うっとおしいと思われますが、このようなバナーやボタンが設置されていないと、反響が伸びない可能性があります。

 

離脱が増えてしまうのではないかと思うかもしれませんが、しつこいぐらいのバナーやボタンがある方が反響が上がったという事例もあるので、会社のイメージやブランドにもよりますが、コンバージョンポイント多く設置してみるのもいいかもしれません。

リスティング広告やSNS広告を配信する

広告運用も重要な要素です。Google広告やSNS広告などを活用し、ターゲットとなるユーザーにアプローチすることで、効果的な集客が可能です。広告予算やターゲット設定をしっかりと行い、効果的な広告運用を行うことで、反響を伸ばすことにもつながります。

 

ウェブ広告で配信を行う場合、広告をクリックした先のページは、LP(ランディングページ)のようなしっかりと動線が考えられたページにするとより効果的です。ウェブ広告を配信しても反響につながらない原因として、広告そのものが悪いか、とんだ先のページが悪いかどちらかなので、しっかりと戦略を練って広告配信をしていきましょう。

SNSの運用もしっかりと行うこと

SNSの影響力は偉大なものです。SNSをしっかりと運用を行っていると、ホームページでの反響が増えるようになります。例えば、「インスタライブをみて気になったので、お問い合わせしました!」という反響があったり、「Youtubeでルームツアーの動画を見て、実際に見たくなったので、予約しました!」などの反響がくるようになります。

 

実際に、ゴッタライドでも、インスタライブを行って反響につながったという事例もあります。SNS運用は広報担当やウェブ担当などがいないとなかなかできないものですが、反響を伸ばすためにも、SNS運用はしっかりと行いましょう。

営業体制を整えること

ホームページ運用の話とは少しずれてしまうかもしれませんが、営業フローが整っていると、反響が伸びやすくなる傾向にあります。例えば、資料請求があったお客様に対し、定期的にメルマガを送ったり、電話や個人メールを行い、定期的に接点を持っておくと、次のステップである、来場や打合せに上がりやすくなります。

 

せっかくの反響を商談化、さらに反響を伸ばすためにも、お客様に対するフローを見直し、どういう風に対応をしていくのかしっかりと考えておきましょう。

 

以上が、反響を伸ばすために取り組むべき内容です。ホームページ運用においてこれらの取り組みを行うことで、効果的な集客や問い合わせ増加を実現することができます。是非、ホームページ運用に取り組んでみてください。

塗装会社に特化したウェブ集客支援サービス 反響獲得までサポート 塗装会社さま専用ページはこちら

塗装会社に特化したウェブ集客支援サービスのページはこちら

 

ホームページ運用は社内でやるか外注化するか

ホームページ運用は社内で行うべきか、外部に委託するべきか、選択する際には慎重に考える必要があります。どちらにもメリットとデメリットが存在し、効果的な運用を実現するためには、建築会社の企業の状況や目標に合わせた適切な選択が求められます。

社内でホームページ運用をするメリット

社内でのホームページ運用のメリットとしては、企業内の関係者が直接関与できることが挙げられます。外部に頼むことがなくなるので、細かなニーズや目標を把握しやすく、スピーディな対応が可能です。また、社内の人間が対応するため、情報共有も円滑に行えるため、ホームページ運用の進捗や改善の余地を迅速に把握することができます。

社内でホームページ運用をするデメリット

一方、社内でのホームページ運用にはデメリットも存在します。1人のスタッフがホームページ運用にかかる負荷が増えるため、関係者の負担増や業務の妨げとなる可能性もあります。何かの業務と兼任してホームページ運用を任されている建築会社のスタッフの方も少なくはないと思います。特に、営業をやりながらホームページ運用を任されている、現場監督をしながらホームページ運用を任されているなどというケースが多いことでしょう。

 

ホームページ運用には、専門知識や技術が必要とされるため、社内のスキルやリソースが不足している可能性も考えられます。ホームページ運用のスキルはすぐに見ぬ付くことではなく、また成果もすぐに出にくいことから、社内のスタッフに任せるのは難しいという建築会社が多いことでしょう。

外注でホームページ運用をするメリット

外部に運用を委託する場合のメリットは、専門の知識と経験を持つプロフェッショナルが運用を担当することができる点です。効果的なSEO対策やリスティング広告など、高度なマーケティング手法を駆使してホームページの集客や成果を最大化することが期待できます。

 

スキルや経験が豊富な担当者である場合、効果や成果がすぐに出やすいということもメリットとして挙げられます。

外注でホームページ運用をするデメリット

一方で、外部委託のデメリットとしては、コミュニケーションの問題や情報共有の遅れが起こる可能性があります。社内のスタッフであれば、目の前にいるので、すぐに聞いてすぐに返事が返ってくることがありますが、外注の場合、他の会社の対応もしている中なので、1,2日返事や対応が遅れることがよくあります。

 

さらに、社内のスタッフではないため、会社のことをよく理解できておらず、企業の理念や文化に沿った運用が困難である場合もあります。また、外部委託には一定の費用がかかるため、予算の問題も考慮する必要があります。

 

社内、外注それぞれのメリットデメリットをご紹介しました。ホームページ運用を成功させるためには、社内での運用チームと外部委託先との連携やコミュニケーションが重要です。どちらの選択肢にしても、ホームページの目的や戦略に合わせた運用計画を立て、定期的な改善と評価を行うことが求められます。自社に合う方法はどちらか慎重に吟味し、最適な方法を選びましょう。

工務店に特化したウェブ集客支援サービス 反響獲得までサポート 工務店さま専用ページはこちら

工務店に特化したウェブ集客支援サービスのページはこちら

 

ホームページ運用でよくある失敗

適切なホームページ運用が行われない場合、意図した効果を得ることができず、結果的に成果を上げることができません。以下では、よくある建築会社のホームページ運用の失敗事例をご紹介します。

ホームページの更新が滞る

特に建築会社は、多忙な業務に追われていると、コンテンツの更新が滞りがちです。ホームページを作り始めたはじめの頃はマメに更新できていたけど、後になって更新が止まってしまうというケースが残念なことにほとんどです。更新が滞ってしまうと、ホームページの訪問者は情報の鮮度や信頼性に疑問を抱く可能性があります。先にも述べましたが、ホームページには、最新の情報や商品情報を掲載することが求められます。定期的な内容の更新を怠らず、訪問者に有益な情報を提供することが重要です。

ホームページ改善しすぎてごちゃごちゃに

ホームページのアクセス数や反響を伸ばそうと、一生懸命ホームページを修正したり、改善したりする会社さんがおられます。改善するのはいいことですが、やりすぎてしまい、反響を伸ばすために作ったホームページの形跡がなくなって、ごちゃごちゃとしたホームページになってしまうということがよくあります。

 

ホームページの見た目の好き嫌いに走ってしまったり、ホームページ改善をする目的を見失ってしまうと失敗してしまいます。そうならないよう、しっかりと「目的」を明確に施策を行うようにしましょう。

スマホで見にくい

ホームページのレスポンシブ対応を怠ることも多い失敗例です。会社として発信したいこと、伝えたいことが多すぎて、いつの間にかスマホの画面では見にくかったり、伝わらなかったりすることがあります。ユーザーファーストの心を忘れてしまうと、そうなります。

 

現在、スマートフォンやタブレットの利用が一般化しており、モバイルフレンドリーなホームページが求められています。デザインやレイアウトをモバイルに最適化することで、より多くのユーザーにアクセスしてもらえる可能性が高まります。モバイル対応は必須となり、怠ることはできません。会社としてではなく、このホームページを見ているユーザーの気持ちや立場、見ている場面を想像しながら、ホームページ運用を進めていきましょう。

目的やターゲットが明確になっていないまま進める

目的やターゲットを明確にせずにホームページを作成することも失敗の一つです。ホームページは建築会社の企業や団体のイメージを反映する重要なツールです。そのため、事前に目的やターゲットを明確に設定し、それに合わせてコンテンツやデザインを作成することが必要です。曖昧なメッセージや不明瞭な目的は訪問者に伝わりにくく、結果的に効果を発揮できません。

 

これらのよくある失敗事例を避けるためには、計画的なホームページ運用が不可欠です。定期的な更新や明確な目的設定、レスポンシブ対応などが重要です。ホームページ運用の成功に向けて、これらのポイントを押さえるようにしましょう。

リフォーム会社に特化したウェブ集客支援サービス 反響獲得までサポート リフォーム会社さま専用ページはこちら

リフォーム会社に特化したウェブ集客支援サービスのページはこちら

まとめ

ホームページ運用の重要性を説明し、具体的な作業内容やよくある失敗例について解説しました。建築会社がホームページを作成するだけでなく、継続的な運用を行うことが成功の鍵となります。

 

ホームページ運用においては、注意が必要なポイントがあります。例えば、コンテンツの更新や管理、SEO対策、効果測定などの作業が必要です。これらの作業を適切に行わないと、ホームページの効果を最大限に引き出すことができません。

 

また、よくある失敗例としては、情報の更新が滞ってしまったり、SEO対策を怠ってしまうことが挙げられます。ユーザーにとって新鮮な情報や使いやすいサイト構造は重要ですので、こうした点にも注意が必要です。

 

ホームページ運用に関心のある方は、これらのポイントを押さえて効果的な運用を行ってください。ホームページを最大限に活用し、建築会社の存在感を高めることができるでしょう。是非、ご参考にしてください。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
株式会社ゴッタライド

株式会社ゴッタライドは、建築会社さまのマーケティング活動において不足している部分を補い、HP制作、HP運用、SEO支援、ウェブ広告運用など、成果に向けたご支援を行います。

ホームページ成功事例デザインテイスト90選

ホームページ制作
リニューアルの教科書

×
メールマガジン登録受付中

MAIL MAGAZINE

週1でウェブ集客のノウハウや成功事例を配信中!

メルマガ登録をする