WEB MARKETING SUPPORT

CUSTOMER'S VOICE

お客様の声

株式会社ミタカ工房 様

代表:北屋敷様

所在地:群馬県前橋市

株式会社ミタカ工房 様

http://www.r-mitaka.co.jp/

http://www.r-mitaka.com/

株式会社ミタカ工房 様
電球アイコン

リフォーム、新築、不動産と多岐な事業を手がけるミタカ工房さんはウェブとアナログ媒体の相乗効果を狙った ホームページ戦略をとられている。 「今までのウェブ屋さんとは4~5社付き合ったが、すべての要望を満たしてくれるのがゴッタライドだった。」とおっしゃる。 その狙いと目指す姿について詳しく聞いてみた。

Question 01

株式会社ミタカ工房について、教えてください。

平成10年に新築の下請けからスタートして、リフォーム会社へと業態転換。現在ではリフォーム、新築、不動産という3つの柱で事業展開をしています。
3つの事業のうち、売上の約6割をリフォームが占めており、これからもリフォームが会社の主軸として考えています。

以前から、費用対効果の高い集客媒体としてホームページに注力しており、かなりこだわっていましたが、数年前よりチラシやイベント集客にも取り組むようになりました。一般的なリフォーム会社とは逆の流れですが、集客効率を突き詰めていった結果、アナログ媒体と組み合わせて考えた方が、より効率が高まると考えています。
さらに、今年からはショールームとなる来店型店舗を出店していく予定です。

Question 02

ゴッタライドに依頼された理由は?

5年ほど前に提案を受けたのが、ゴッタライドさんとお付き合いするきっかけでした。
当時、私自身にも理想とするホームページ構想があったので、それを形にしてくれる会社を探そうと考えていました。以前からも、ウェブ屋さんとは4~5社と付き合ってきましたが、私のこだわりや要望も多くて、最後はケンカ別れになってしまったこともありました。

今回、吉田社長からウェブ集客の在り方、社内体制の作り方そのものを見直しませんか、という提案をいただいて、共感したのでサイトのリニューアルに取り組みました。

よく、ページ数と値段だけを見てホームページの料金を高い、安いと言っている経営者さんがいらっしゃいますが、私からすると何を基準に判断しているのか疑問に感じます。
私は、自社ホームページは実際の店舗と同じぐらい重要だと考えていますので、その自社の看板とも言うべきホームページを、値段だけで業者を決めるなんて、おっかないよなぁと思います。
今まで失敗も多かっただけに、安心して任せられるかどうかの見極めが大切です。

Question 03

ホームページへのこだわりは反映できましたか?

毎週のようにスカイプを使って、打ち合わせしながらコンテンツづくりをしました。
私なりに今までウェブ集客に取り組んできた経験もあり、今回のホームページで実現したい構想もあったので、その考えをぶつけてみました。リフォーム業界に特化しているだけあって、他社の事例やユーザー目線でのアドバイスをもらいながら、納得のいく形で進められました。

私の方でも、写真や原稿を用意するには労力を使いましたが、その分だけ素晴らしいホームページが仕上がったと思っています。

Question 04

ウェブ集客をやってみて、いかがですか?

ホームページからの反響があるのは期待どおりですが、それ以外の効果も実感しています。
弊社の場合、リフォーム以外にも新築や不動産の事業を行っているので、そちらのお客さんが、確認のためにリフォームサイトをご覧になられたりします。
結果、我々の会社を信頼してくださって、不動産の営業もスムーズに進められています。
また、店舗展開していくために採用活動も行っていますが、ホームページで私の想いをたくさんのせているので、それに共感してくれた質の高い応募者が多いように感じます。

Question 05

多方面からも反響があったとか聞きましたが…。

弊社でお付き合いのあった職人さんが、実家に戻って、元請けのリフォーム会社として独立したんですが、先日いきなり連絡があってビックリしました。

リフォーム屋を始めるにあたって、ホームページの制作会社を探したそうなんですが、建築業を得意とする会社が「自社の実績ではないですが、リフォーム業界で日本一のサイトは、これだと思うので、こんなホームページを目指しましょう!」と提案してきたものが、なんとミタカ工房のホームページだったそうです。
私のこだわりが強すぎたかも…と考えていた部分もあるので、第三者であるウェブ屋さんに日本一だと言ってもらえて、なんだか安心しました。(笑)

Question 06

ウェブ集客の成功の秘訣は?

色々あると思いますが、HPに限って言えば、私が意識しているのは「真実」「生命感(躍動感)」「わかりやすさ」の3つです。

HPの真実とは、施工例、お客様の声、ブログなどの“会社の活動報告”がいかに頻繁に更新されているかです。こういうアップトゥデートな情報にユーザーは無意識に真贋を見極め、優劣を付けています。施工例やブログの更新が1年前の開店休業会社ではどこにも信憑性は感じませんし、企業としての信頼も損なわれると思います。

この辺りの“情報鮮度の大切さ”は、私が常々吉田社長から学んだ点でもあって、今回のHPリニューアルにあたっても「現場日誌」というアイディアをご提案頂きました。スタッフが現場に行った時、携帯で現場写真を撮って送るだけという簡単な作業ですが、非常に現場のライブ感、リアリティーがストレートにHPに表現されるので、お客様からも大変ご好評頂いています。

またHPをわかりやすくするために「写真」にはこだわってきました。工事説明など専門用語が避けられない時などは写真で理解を補助することを意識しました。工事説明以外も文中に効果的な写真を使うことは、文章を読みやすくし、コンテンツを興味深くする重要なポイントと考えています。

躍動感も同様で「私達は元気で仲の良い会社です!」という説明なしに、スタッフ集合写真一枚からその言葉が連想され、直感的に伝わることを理想としました。

スタッフ紹介、職人紹介などはまさに象徴的で、人柄や性格、仕事への想いなども写真からにじみ出ることを目的としましたので、表情、構図、服装などもこだわってきました。もちろんプロのカメラマンに依頼して撮りますが、私が納得いくまでには正直何人もカメラマンが変わったほどです(苦笑)

ありがたかったのは私のこういうマニアックな性格をゴッタライドのスタッフさん全員が理解し共感をしてくれたことです。私のイエスマンになるのではなく、かといって意見を押しつけるわけでもなく、私の考えにプロのアイディアをいつも上手に上乗せし、より質の高いコンテンツづくりに同じ気持ちで取り組んでくれました。(納期をオーバーしてもイヤな顔1つせずに(笑))

ウェブ制作というITの世界のやりとりは、とかくドライな打合せで進んで行きがちです。
しかし、いつの時代も、どんな商品も“モノ作り”は、言われたモノを作るのではなく、「お客様を絶対喜ばせよう!」という熱い想いからスタートします。ゴッタライドさんはそんな姿勢と「顧客が納得するまでとことん付き合う」という気骨を感じる数少ないWEB制作会社だとHP制作を通し私は感じています。

電話

058-212-3184

営業時間 9:00~18:00 土日祝定休